多摩境の人口は?小山町・小山ヶ丘の人口・世帯数、増加推移。



多摩境というのは、京王相模原線の駅名です。
“多摩境一丁目”といったような、地名としての「多摩境」はなく、住所としては町田市「小山ヶ丘」「小山町」の両地区を合わせた地域が多摩境と呼ばれています。

多摩ニュータウンで最後に開発が行われた地域で近年人口が爆発的に増加しています。
どれくらい、人口・世帯数が増えたのかを調べてみました。




多摩境地区を地図で確認



まずは、多摩境と呼ばれる地域・地区を地図上で確認します。ビジュアルで分かりやすいよう、小山ヶ丘をピンク・小山町を水色に色分けをしました。

多摩境地図小山ヶ丘小山町▲クリックで拡大



多摩境の人口・世帯数



小山ヶ丘・小山町の世帯数及び人口を町田市役所から引用しています。

年月日地域世帯数人口
1958/6/1小山町5753 137
1959/6/1小山町5823 201
1960/6/1小山町5813 197
1961/1/1小山町5863 196
1962/1/1小山町6313 378
1963/1/1小山町6743 491
1964/1/1小山町7283 648
1965/1/1小山町7823 794
1966/1/1小山町8674 037
1967/1/1小山町9414 281
1968/1/1小山町1 0064 442
1969/1/1小山町1 0674 629
1970/1/1小山町1 1024 792
1971/1/1小山町1 1915 046
1972/1/1小山町1 4185 490
1973/1/1小山町1 4885 711
1974/1/1小山町1 6086 148
1975/1/1小山町1 7036 410
1976/1/1小山町1 7606 614
1977/1/1小山町1 8446 904
1978/1/1小山町1 9417 185
1979/1/1小山町2 0777 616
1980/1/1小山町2 1767 955
1981/1/1小山町2 3138 372
1982/1/1小山町2 4138 735
1983/1/1小山町2 4978 917
1984/1/1小山町2 5809 022
1985/1/1小山町2 6149 112
1986/1/1小山町2 6739 295
1987/1/1小山町2 7899 563
1988/1/1小山町2 8759 826
1989/1/1小山町2 98710 049
1990/1/1小山町3 11010 169
1991/1/1小山町3 20110 363
1992/1/1小山町3 31610 561
1993/1/1小山町3 46510 817
1994/1/1小山町3 53110 894
1995/1/1小山町3 73911 415
1996/1/1小山町3 76911 498
1997/1/1小山町3 93911 787
1998/1/1小山町4 07312 059
1999/1/1小山町4 23012 359
2000/1/1小山町4 41012 745
2001/1/1小山町4 71713 322
2002/1/1小山町5 11614 246
2003/1/1小山町5 66515 757
2004/1/1小山町6 98219 109
2005/1/1小山町・小山ヶ丘7 53220 379
2006/1/1小山町・小山ヶ丘7 81520 997
2007/1/1小山町・小山ヶ丘8 07921 611
2008/1/1小山町・小山ヶ丘8 57422 749
2009/1/1小山町・小山ヶ丘9 12024 121
2010/1/1小山町・小山ヶ丘9 38824 707
2011/1/1小山町・小山ヶ丘9 58025 219
2012/1/1小山町・小山ヶ丘10 00026 184
2013/1/1小山町・小山ヶ丘10 21426 694

(2013年1月現在、町田市、市の統計ページより)

    【人口・世帯数】

      小山ヶ丘: 9,172人・3,386世帯
      小山町: 17,522人・6,828世帯
      合計: 26,694人・10,214世帯



世帯数・人口の増加推移をグラフ化


多摩境人口世帯数の増加推移



多摩境駅の利用者(乗降)数


    京王電鉄のホームページを閲覧すると、一日の乗降数を見ることができます。

      多摩境:17,184人
      橋 本:87,242人
      南大沢:60,097人

※いずれも、2011年のデータ(京王電鉄一日の駅別乗降人数)



まとめとして



今から、20年前の1993年1月時点、小山町の人口は 10,817人(3,465世帯)でした、
この20年間で人口は約2.5倍、世帯数は約3倍に増加したことが分かります。

多摩ニュータウンの開発事業において、最後に着手された地が多摩境です。
急激に増加した人口をカバーするインフラの整備がいまひとつ後手にまわっている印象を受けます。
民間主導で行われる、マンション建設やショッピングセンターなどの商業施設などの順調さに比べて、小学校や中学校などの行政が主体になる整備には不満を抱える住民が少なくないと聞きます。

以前から言われていますが、多摩境駅前に交番の設置などが必要なのではないかと、個人的にも感じます。

※1993年当時、小山ヶ丘という地名はありませんでした。2004年3月31日、土地区画事業により、小山町地区から小山町と小山ヶ丘に分かれています。

LINEで送る
Pocket